お部屋で赤ちゃんの乾燥対策に最適な暖房方法は…?

赤ちゃんの乾燥対策に最適な暖房器具はヒーター、電気ストーブ、オイルヒーターのどれ

生まれて初めて迎える冬は、赤ちゃんの冬支度にとってお部屋の温度調節や乾燥しないように配慮したり、就寝時の暖房をどうするか…など気になる点がたくさんありますよね。

赤ちゃんの過ごすお部屋は、空気が乾燥しすぎても喉が痛くなったり、ウィルスが繁殖しやすくなったりするので、適度な空気の入れ替えや乾燥しすぎないように加湿することがポイントです。

赤ちゃんの乾燥防止に加湿器、もしくは濡れタオルを部屋干しでOK

赤ちゃんのお部屋の加湿方法でいちばんお手軽で便利なのは加湿器を使うことですが、加湿器がなくてもお部屋に濡れたバスタオルを干しておくこと適度な加湿は可能なので安心してくださいね。

適度に加湿ができていても、たまには空気を入れ替えは必要です。

もし、赤ちゃんのお肌が乾燥ぎみだと感じていたり、赤みやかゆみを感じているようであれば、加湿は徹底したほうがいいと思います。

そして、暖房危惧ですが、基本的には空気のキレイな、

  • エアコン
  • 電気ストーブ
  • オイルヒーター

などが候補に上がると思いますが、電気ストーブはもしかすると赤ちゃんが触れてしまう可能性もあるので現実的にはエアコンかオイルヒーターでしょうか。

エアコンはおそらくどのご家庭にもあると思うので、ほとんどの方はエアコンで暖房すると思うのですが、エアコンをつけているときは最も加湿に注意しておきたい時間です。

また、赤ちゃんの体温は大人のわたしたちよりも高いのですが、暑さや寒さの基準は大人のわたしたちと同じだと思ってだいじょうぶです。

ママさんが少し寒いかなと感じていたらエアコンをつけるくらいの基準でOKです。

就寝時の暖房もママさんの悩みどころですが、1歳未満…寝返りをうたないようでしたら、基本的にはお布団だけでも問題ないです。

寝返りをうつようになってきたら、お布団を蹴飛ばすこともしょっちゅうで、寝相がかなり悪くなるので寝るまでの間…最初の1時間ほど、エアコンを20度から21度の間でつけておくのがいいと思います。

赤ちゃんの乾燥を防止するために肩当てや冬用の靴下を履かせるのもあり

もしくは、赤ちゃんは寝返りを打ち出すと両手を上にあげちゃうので、画像のような赤ちゃん用肩当てを着せたり、冬様の靴下を履かせておくと手足をバタバタさせて布団を蹴ってもだいじょうぶです。

また、冬はとくに赤ちゃんの肌が乾燥してしまいやすいので、日頃から保湿剤で乾燥を予防するのも大事です。

保湿剤というと保湿クリームや化粧水を想像しますが、保湿クリームなどはベタついて赤ちゃんが間違ってなめたりしても心配なのですが、今、赤ちゃんの保湿でママさんに人気なのはスプレーでシュッと乾燥させたくない部分につけるだけで約8時間は保湿ができる簡単でラクに使える新しいタイプの保湿剤です。

赤ちゃんの乾燥対策を考えているなら赤ちゃんの乾燥対策特集も合わせて参考にしてくださいね。

赤ちゃんでも乾燥肌や敏感肌が増えているので、予防としての乾燥対策に保湿剤を使うのは重要ですが、全身に使うというよりはほっぺや気になる箇所にスキンケアする感じでOKです。

冬に赤ちゃんをすぐに寝かせる方法

赤ちゃんの乾燥や乾燥肌対策の編集者

冬の冷たいお布団だと赤ちゃんはすぐに寝付いてくれないことも多く、寝るまでの間ママさんが側にいなければならないんですが、赤ちゃんを布団に入れる前に湯たんぽで布団を温めておくと赤ちゃんがすんなり眠ってくれて楽ちんなんですよ。

また、朝は急速に暖房で温める必要はなく、ゆっくり部屋が温まるまでお布団の中で過ごし、朝一の授乳はおくるみやブランケット、スリーパー等を着せたまま行ないましょう。

TOPへ